銀行カードローンで増額する方法

増額の申し込みから方法

増額申請のポイントは、タイミングを見計らって申込むことです。
銀行側から増額案内がメールや郵送でくることがあります。
増額案内を受けているということは銀行ローンの限度額増額の事前の審査に通っていおり、ある程度条件は満たしているということになります。
増額案内があるかどうかは銀行によっても異なりますので確認しておきましょう。
もちろん自ら増額申請することも可能です。
方法は銀行によってさまざまありますが、電話や店頭、インターネット経由や契約機で行うことができます。
申込むと、審査が行われます。
審査があるので、増額の場合審査が通ったかの連絡は最短の場合即日、普通は銀行の営業日で2~3日かかる場合もあります。
増額を希望する場合は早く増額の申し込みをするとよいでしょう。
審査の際には、審査時点までにどれだけローンから借入れているのか、どのように返済をしているのか返済状況や返済金額などの情報をチェックされます。
過去に、返済期日を守れず、返済延滞があった場合は増額審査が通る可能性が低いといえるかもしれません。
日ごろから必ず返済期限を守るように注意しましょう。
また前回契約時点と転職するなどして本人の状態が変更している場合も、評価が下がり、融資を受けられなくなるなどありますので注意してください。

限度額が上がるメリットとは?

利用限度額が上がることによって金利が下がる可能性もあります。
利用限度額が高い人と低い人では同じ金額を借入れていても金利が違うため、利用限度額が高い人の方が返済額が減額されるという場合があります。
利用限度額が上がると、その分お金を借りてしまう…ということも考えられますので、利用限度額をあげるかどうかはしっかり検討したうえで判断しましょう。

このページの先頭へ